『月木通信2018』―日曜日

日曜日、北京師範にいらしていた学芸の先生方とお食事に行きました。おいしいしゃぶしゃぶのお店です。お話も楽しくて、おなか一杯食べました。お別れが少し寂しかったです。

北京に来てから日本に帰りたいと思ったことは一度もありませんが、最近、日本に帰るのがすごく楽しみだなあと思いながら生活しています。帰国を待ってくれている友達やバイト先の方や家族、学芸大の国際課の方やコースの先生方に、自分の成長した姿を見せれるというのがすごくうれしいことだなあと感じています。北京に来てから本当にいろんな人と出会ったし、自分が変わったなあと思うことがよくあります。ここに来たことが自分にとって正解だったとすでに感じています。たくさんのことに感謝しながら、成果を見せれるようにここでの生活を満喫したいと思います。

そしてこの不思議な生き物の形をした物体・・・。しゃぶしゃぶのお店で提供されたものですが、何だと思いますか?正解は、エビのすり身です!スプーンですくってしゃぶしゃぶして食べるとエビ団子のようになって、エビ好きの私はすごく好きな一品でした。しかし・・・この形にする必要はあったのでしょうか(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です