『月木通信2019』ー〈夏休み第4弾〉夏休みの学習生活

 最近の私の一日は、「朝8時授業開始→お昼ごろに終わり→午後は予習復習」というのを繰り返しています。

 夏休みの短期授業なので先学期よりも日々の課題や予習などやることが多くて大変ですが、レベルの高い人たちと勉強できているのでいい刺激を受けています。そんなクラスには前回も少し触れましたが、1人中国語能力が今まで見たことがないぐらい高い留学生がいます。スピーキングの授業ではディベートをよくするのですが、その彼女と戦うことになり、自分の中国語力がもっとあれば言いたいこと伝えられるのにな…ともどかしい思いをしました。

 一方で、最近自分の中国語力の向上を実感できた体験もありました。

 1つ目は、中国語の映画を見に行った時、大体の内容は聞き取れたことです。トイストーリー4を見たのですが、子供向けの映画でもあるので、字幕がなくてもなんとなく言っていることは理解できました。嬉しかったです。

 2つ目は、中国人との交流会に参加した時に、4月ごろの自分よりも確実に中国語が話せていたことです。中国人との交流会はしばらく行っていなかったのですが、友人に誘われて先日参加しました。そのときに、中国語で交流が出来て、4月の交流会でほとんど日本語をしゃべっていた自分からの成長を感じることが出来ました。

 中国語の授業は早いもので、来週には終わってしまいます。演技のようなものをやったり、ディベートしたり、スピーチをしたり…簡単ではないけれど、充実した日々が送れています。8月は学芸大から20名強が師範大のサマースクールに参加すると聞きました。私は8月は北京にいないので会えませんが、少しでも中国留学に興味を持ってもらえたらうれしいです。

 

内容とは関係ありませんが、先日蓮がさいていました。

 

 

(O)