『月木通信2019』― 秋学期のスタート

 先週から夏休みが終わり、再び授業が始まりました。先学期の友達と再会したり、今まで交流したことのない国の人と同じクラスになったりいろいろなことがありました。授業は4か月ほどしかありませんが、今学期も頑張っていきたいです。

 ここ数日は、10月頭にある国慶節という7連休のために朝早く起きて新幹線のチケット販売開始の時間とともにアプリを起動する、というのをやっていました。中国の友人はみんな国慶節は人が多すぎるから出かけないほうがいいとアドバイスしてくれます。でも、私の留学期間は1年しかないし、1週間どこにも行かずにいるのはもったいない気がするので、旅行することにしました。どこに行くのかは、国慶節終了後の月木通信で書こうと思います。チケット販売開始時刻になってすぐに購入しようとしましたが、何枚かのチケットは抽選から漏れてしまいました。その後キャンセル待ちをしたら、空きが出たので買えましたが、普段は新幹線のチケットが秒で売り切れることはありません。すぐに売り切れてしまうぐらいたくさんの人が旅行に行くということだと思います。楽しみな反面、人が多すぎて思うような旅行にならなかったらどうしよう、という不安もありますが、中国留学中最後の祝日になるので楽しみたいです。

 また、先日、2か月ぐらい韓国に帰っていたルームメートが帰ってきました。2人で頤和園や天壇公園を散歩したり、ご飯を食べに行ったりもしました。彼女は今学期は院生なので、授業は一緒ではありませんが、今学期も2人で頑張っていきたいです。

頤和園の大量の蓮
入りたかったけど入れなかった天壇公園

 

 

 

 

 

 

(O)