『月木通信2019』ー11月になりました!

 こんにちは!11月最初の月木通信です。もう2019年も残すところ2ヶ月か、と思うと早いものです。まあ日本の多くの年度の切り替えが4月にあると思うと、まだまだ今年度は先が長いですね。私の留学もまだ2ヶ月が過ぎたばかりです。先が長いとも思いますが、こちらに関しては焦る気持ちも多いです。その訳をお伝えしようと思います。

  10月31日11月01日は中間試験が行われました。私が所属する102のレベルのクラスは授業が4種類あるので、テストもそれに伴い行われます。内容は高校の時の英語文法を思い出すとわかりやすいかと思います。授業で習ったことを確実に理解しさえすれば難しいものでは決してないものです。そう思い臨みました。受けてみての感想も変わりません。出来は可もなく不可もなく、といった表現が似合ってしまうようなのものです。

 覚えるために工夫したりもしてみましたが、実際手の届ききっていなかった自覚があります。

このようにして覚えました!気分転換にもなりました!

 やはりどんなことにも準備に対する不安が残ってしまえば、いい結果には繋がりにくいですよね。もうそんなことに初めて気がつくような年齢ではないです。それは自分の甘えが1番形に出てしまう面であり、直すべきところであると思います。

  以上のように、色々と余裕があるからこそ、気がつけることが多い留学生活です。果たして余裕がある、という状態でまだまだ居続けてよいのでしょうか?そうは思っていません。11月からはまた別の新しい活動をしていこう、と思います。その紹介はまた次回に。

( I )