『月木通信2020』今日から授業が再開します

こんにちは。北京師範大学の冬休みも終わり、今日から授業が再開します。

本日は早速、本題に入って行きたいと思います。そもそも中国大丈夫なのか、という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。実際、中国側も日本側も渡航を自粛要請・禁止している状況です。ですので、北京師範大学での授業は再開のめどが立っていません。素の代講措置としてオンライン授業の配信が今日から始まります。まだ授業を受けてはいないので、次回以降にその様子をお伝えしていけたらと思います。お楽しみに。

新型コロナウイルスによる肺炎で世界は今なかなかの窮地に立たされていると感じざるを得ません。中国の対応、中国人の様子、そして日本の対応、われわれ日本人の考え方に、世界からは様々な批判・憶測が飛び交う中ですが、なによりも一刻も早い収束を願いあいたいものです。患者、そのご家族、亡くなられた方々や最前線で働く医療従事者、そして政府や各自治体の対応、お互い様々な忖度があるなか、傷つけあうことも出てきてしまっている今だからこそ、このパンデミック的状況から学べることも多いのではないか、とある意味前向きに捉えるようにしています。非常にセンシティブな内容ですので、私の発信内容も気を付けていきたいと思います。

後期も拙い内容ではりますが、月木通信にお付き合いいただけたらと思います。

〈I〉