『月木通信2019』ー清明节

4月5日は清明节でした。私にとっては、中国に来てから初めての祝日でした。夜になると、外で物を燃やしている人がいました。清明节では纸钱というものを燃やして先祖にささげるそうです。以前は何でも燃やしていて、テレビを燃やしている人もいた、と友人が言っていました。

私は、午前中は玉渊潭公园に行きピクニックをしました。以前来た時に比べて花は終わってしまった印象を受けましたが、人はたくさんいました。ただその日は黄砂が飛来していて、空気がとても汚くピクニック日和ではなかったかな、と思います。

夜は「中央电视塔(CCTVタワー)」に行きました。展望台は238メートルの高さにあるため、北京の夜景を見ることが出来ました。

「中央电视塔(CCTVタワー)」

翌日土曜日は、北京世界公园に行きました。入り口はどことなくディズニーランドを意識している感じがするし、公園内にも少しだけミッキーがいましたが公園自体は東武ワールドスクウェアみたいな感じです。子連れがいっぱいいました。