『火金通信2021』初めてのソウル留学便り

はじめまして!^^

キャンパス・アジア事業ダブルディグリー・プログラムを通じて、
「ソウル教育大学校教育専門大学院」に留学をしています2020年度修士課程 の【K】という大学院生です。(^~^)

2021/03/13(土)にソウル入りをし、海外訪問者のための2週間の隔離期間を過ごしました。

↑のような短期契約のワンルームを14泊15日で契約し、

↑のような出前や、日本から持ってきた食事で、2週間の隔離を楽しく過ごせました!^^

隔離解除当日は街を散策してみたり、隔離中味恋しかったカレーのお店を探索してみたり、徐々に現地の生活に慣れていけるよう、生活リズムの回復を図りました〜。

韓国で食べるインドカレーもまた、日本で食べるものとは違って良いですね^^
短期留学や旅行等で韓国のインドカレーを食べよう!なんて思わないはずなので、これも貴重な文化体験だと感じています。おいしかった〜(^~^)

その後すぐに大学の寮に入って、夜は授業を受けて、といきなり大忙し、、、(TT)

あ、僕の専攻はというと、【教育演劇】といって、
教育の中でどのように演劇的な要素を入れたらもっと良い授業ができるかな、
ということを基本的には研究していく領域となっていて、授業もすごく楽しい!!
1学期では、「教育演劇の理解」と「演劇遊び実習」というものを履修していて、「演劇遊び実習」では、

↑のように、あるストーリーを題材にして、みんなで絵を描いたり、その内容を演じてみたりしました〜!

と、まあ、隔離解除から1週間は結構バタバタしていて(伝わりましたでしょうか、笑)
ようやく落ち着いて、このソウル通信を執筆できています(^ ^;

授業が無い日は野外実習(という名の旅行?笑)に出かけ、街中で頻繁に使われている韓国語を覚えたり(電車のプラットホームにある、乗降注意、といった注意書きや、塾や保険会社の広告等)、やっぱり現地を歩いてみないとわからなかったような語学というものがありましたね(^^; )
野外実習が一番現地の生活をしていく上で、韓国語の勉強になっているかも。

↑の写真は、「ヨイド公園」といって、国会議事堂の近くにある広場ということもあって、大規模な集会やデモが頻繁に行われていた場所のようです。
そして、国会議事堂の前です。旅行では多分行かないところですよね。
あるお店を探している途中、ここの近くを通ったので、ついでに探索してみました(^^;
そして、なんといっても「サムギョプサル」。
やっと韓国に来た実感が湧きましたね。

と、隔離解除後はこのような一週間を過ごし、ものすごく元気に過ごしております^^
(もちろん教育演劇の研究も、怠ることはないですよ💕)
こういった留学の機会を頂けたことに感謝ですし、
このように現地の情報を発信していく機会を頂けたことにも感謝です。

例年とは違い、世界的な感染症に襲われている異質な御時世ではありますが、
つらいことでも無い限り、成長や発展も無い、と僕は思っています。
人の身体も、筋肉痛が無いと、パワーアップも無いでしょう?(比喩、合っているかな、笑)

これからも続けて、ソウルから留学のお便りをお届けしていきます〜!
アンニョ~ン(^ ^)/

【K】