『火金通信2022』旧正月の出来事

こんにちは。
現在ソウル教育大学専門大学院に留学中の【T】です。

韓国の2月1日は、陰暦の1月1日にあたる伝統的な祝日で「ソルラル(旧正月)」と言います。
先週の火曜日が旧正月に当たり、前後も休日だったので、土日を含めると5連休でした。
大学でも食堂や図書館が閉まり人気がなく、時間がゆっくりと流れているようでした。
今回は、そんな静かな旧正月に起きた出来事をお伝えしたいと思います。

日曜日、学校から1時間かかるヨンシンネという駅に行く機会がありました。
ちょうどお昼時だったのでスマホでお店を調べると、おいしそうなパスタのお店を見つけました。
駅についてお店に向かうと、旧正月のため休みでした。
完全にパスタのお腹になっていたけれど!、、、これも文化の差ですね。

それから駅周辺のお店を歩いて探し、大きな看板を発見しました。
その看板を見るとコロナの影響でハンウコンタン(牛肉を煮込んだスープ)が
9000→3900ウォンに値下げしていました!
節約中だったので「ここしかない!」と思い、早速お店に入り注文しました。
安いだけでなくキムチも食べ放題だったので、2回お替りしました。

満腹になったところでお会計、、、
3900ウォンのはずが、レジに表示された金額は5900ウォンでした。
注文を間違えたのかと、会計を終えた後でお店の外の看板を確認しましたが、
やはり3900ウォンだったので再びお店に入って店員さんに値段を確認しました。

すると「特大サイズを注文したよ」と優しい笑顔。
実は、下にもう一つ看板があり、「(特)5900ウォン」と書いてあったのです。
「そんなところまで見ないよ!」と心の中で叫びました。

しかし冷静に考えてみると、
注文した時に店員さんが「特大サイズですね」と言っていたことを思い出し、
自分もなんとなく返事をしてしまったのでこれは自分の責任だと思い直しました。

旧正月で閉まっていたミケランジェロ展

旧正月ということで食堂がやっておらず、コンビニでお昼を済ませることがありました。
韓国のコンビニには、キンパ(海苔巻き)が必ずと言っていいほど売っています。
大きい割に2500ウォン前後で買えるのでお得です。

お会計を済ませた後、フードコーナーで食べようとしましたが、
おつりを多く貰ったことに気が付いてレジに返しに行きました。
店員さんは「私が間違えてた~」と笑ってお金を受け取ってくれました。
自分もよくミスをするので、お互い様だな~と思いました。

そして、ミスをしないように気を付けるのは自分の責任だけど、
人のミスをカバーするのもそれに気づいた自分の責任だということを学びました。
帰りには「日本から来たの?」と声を掛けられ、顔見知りの店員さんではあったけれど、
より顔見知るようになりました。

友達がくれたキンパ(コンビニのキンパではありません)

先週は、韓国の旧正月にレジのお会計を通して自分の責任について学ぶようになりました。
今週の土曜日から2週間、工事のため寄宿舎を出なければなりません。
まだ泊まる宿を見つけていないので、読んで下さったみなさん、
安めの宿を見つけられるように応援よろしくお願いします!

それでは、また来週~
さようなら~
【T】