6月7日、キャンパス・アジアでは、
春学期CAプログラムの参加学生を対象に、【CAミニキャンパスツアー】を開催しました。

参加者の皆さんは、学芸大のキャンパスマップを手にし、
【キャンパス・アジア科目】担当の椿真智子教授(人文科学講座地理学分野)の引率と解説の下で、
学芸大キャンパスの中にあるお勧め景観を約1時間ほど周りました。
普段と違う地理的な視点👀からキャンパス内の景観を読み解く楽しいフィールドワークでした。(^^♪

まずは、TGUサンシャインの屋上からTokyoを一望~
学芸大のキャンパスに数百年樹齢の木が生きているなんて、知っていましたか❓
「落書き」できる木の葉を発見❣
キャンパスの中でひときわ落ち着ける空間「万葉池」
農園(教材植物園)に潜入~
宝箱のような農園、今から収穫の秋が楽しみです❣